クリニカルインディケーター(臨床指標)

2017年4月~2018年3月 退院患者

平成29年度 岡村記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 19 138 336 901 1,248 647 97
平成29年度の退院患者様を、10歳ごとの年齢階級別に集計しています。60歳以上の患者様の占める割合が、全体の85.2%となっています。
厚生労働省の掲載基準に基づき、患者数10未満の場合は「-」と表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術 226 2.00 3.20 0.00% 65.55
050210xx97000x ペースメーカー交換・植込み 58 6.86 11.21 0.00% 82.03
050080xx01010x 弁膜症に対する弁置換術等(人工呼吸あり) 54 16.06 23.93 3.70% 72.85
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患(冠動脈バイパス術) 13 13.85 23.29 0.00% 66.08
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 13 9.46 12.51 0.00% 82.23
心臓血管外科で最も多い症例は下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術です。当院では従来のレーザー治療に加え、高周波カテーテル治療を導入しています。
ステントグラフト内挿術は、動脈瘤に対する治療法で、最大の利点は局所麻酔で低侵襲で施行できることです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患カテーテル検査(血管内エコー等なし) 763 2.32 3.03 0.00% 70.23
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患カテーテル治療(PCI等) 708 2.66 4.62 0.00% 70.34
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患カテーテル検査(血管内エコー等あり) 401 2.19 3.19 0.00% 70.20
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 165 5.03 5.30 0.00% 62.83
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術(副傷病なし) 105 2.94 5.68 0.00% 73.59
循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患という、心臓を取り巻く冠動脈が狭窄・閉塞することにより、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。
当科では、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
循環器の専門病院であるため該当ありません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
患者数10未満のため、厚生労働省の掲載基準に基づき、「-」と表示しています。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
循環器の専門病院のため該当ありません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 226 0.00 1.00 0.00% 65.55
K597-2 ペースメーカー交換術 53 0.89 4.79 0.00% 81.81
K5551 弁置換術(1弁) 36 3.72 13.89 5.40% 75.86
K5552 弁置換術(2弁) 17 4.18 13.82 0.00% 74.24
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用) 12 2.67 12.00 0.00% 68.08
弁膜症に対する弁置換術等は、自己弁を切除し人工弁を埋め込む手術です。バイパス術は、冠動脈の動脈硬化性病変における強い狭窄や閉塞などの病変を直接処置せず、病変部末梢の健常な動脈へ新しいバイパスを置く手術です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 569 0.66 1.46 0.00% 69.93
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 118 0.56 2.17 2.52% 73.08
k5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 113 1.45 3.01 0.88% 64.47
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 82 2.39 7.93 0.00% 76.71
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 71 0.37 1.28 0.00% 72.08
循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患という、心臓を取り巻く冠動脈が狭窄・閉塞することにより、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。
当科では、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり、治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
厚生労働省の掲載基準に基づき、患者数10未満の場合は「‐」と表示しています。
当院における「手術・処置等の合併症」の発生率は、0.09%となっています。合併症には、術後創部感染などがあります。
更新履歴