病気について

狭心症、心筋梗塞とは

心臓の筋肉に十分な血液が供給されなくなる病気です。

心臓は、筋肉(以下、心筋)でできていて、ポンプのようにふくらんだり、縮んだりを繰り返して血液を全身に送っています。心筋に酸素や栄養を送っているのは心臓のまわりを走っている「冠動脈」という血管です。その冠動脈が何らかの原因で狭くなると、心筋への血液の流れが悪くなり一時的に酸素不足になる病気が狭心症です。

主な原因としては、冠動脈の動脈硬化があります。動脈硬化とは、血管の内側にコレステロールや血栓(血液が固まったもの)などが付着し、それが厚くなって血管の内部が狭くなることです。

冠動脈がさらに狭くなり、詰まってしまい、その先の血液の流れが止まって心筋の細胞が死んでしまう(壊死)病気を、心筋梗塞といいます。狭心症から心筋梗塞に進行する場合と、いきなり心筋梗塞が起こる場合がありますが、いずれも生命の危険が伴うため、早期発見・早期治療が重要になります。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00