病気について

どんな治療

狭心症の種類によって治療法が異なります。

狭心症の治療は、心筋への血液の流れが悪くならないように予防し、心筋梗塞への移行をくい止めることが重要です。治療として、まず選ばれるのが薬による方法で、病状に応じてほかの治療を加えていきます。
薬による治療や生活習慣の改善によっても、回復の効果がみられず、心筋に血液が十分供給されない場合は、カテーテル(細いチューブ)を使ったバルーン(風船)治療を行うのが一般的です。血管の病変部位や重症度によっては、外科的にバイパス術を行うこともあります。
治療方法の選択にあたっては、病気の状態をよく把握し、医師と患者さんが話し合って決めていきます。

薬による治療

心臓の負担を軽くしたり、冠動脈の血管が狭くなった部分の進行をくい止めるなど目的に応じた薬を選択して治療する。

カテーテルを使う治療

カテーテル(細いチューブ)を、ふとももの付け根や腕の動脈から冠動脈へ挿入して、カテーテルの中にバルーン(風船)を入れていって、冠動脈の狭くなった部分を拡張する。

外科的手術による治療

冠動脈の狭くなった部分を避けて血流が迂回できるように、バイパス血管をつなぐ手術。

生活習慣の改善による治療

  • 規則正しい生活をする
  • 体重が増えないようにする
  • 禁煙をする
  • 塩分を摂り過ぎない
  • ウォーキングなど軽い運動を定期的に行い、運動不足にならないようにする
  • 気分転換を心がける

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00