病気について

輸血検査

血液型は一般的にはABO血液型とRh(D)血液型があり、異なった血液型を輸血した場合、輸血副作用により死に陥るケースもあります。
そのようなことがないように血液型検査や交差適合試験が必要です。

ABO式血液型検査

赤血球膜上に存在する抗原と 血清中に存在する抗体を調べます。

  赤血球の抗原 血清中の抗体
A型 A抗原 抗B抗体
B型 B抗原 抗A抗体
O型 なし 抗A,抗B抗体
AB型 A,B抗原 なし

Rh(D)式血液型検査

Rh式血液型にはC,c,D,E,eの5つの抗原があり、その中でもD抗原は特に抗原性が強いので、血液型検査を行う場合には必ずD抗原の検査も行います。
D抗原を持っている場合をRh陽性、持っていない場合をRh陰性といいます。
Rh陰性の人にRh陽性の血液を輸血すると輸血副作用を起こすことがあるため、Rh陰性の血液を選んで輸血します。

不規則性抗体検査

不規則性抗体とはABO血液型以外の血液型に対する抗体のことです。
ABO血液型では通常、A型の人は抗B抗体、B型の人は抗A抗体というように自分の血液とは反応しない抗体を持っていますが、その他の血液型では対応する抗体を持たないことが普通です。
しかし、過去の輸血や妊娠等の理由でその他の血液型に対する抗体を持つことがあり、これを不規則性抗体と呼んでいます。
不規則性抗体を持っている人の血清は特定の血液型の人の血球と反応(凝集)します。

交差適合試験(クロスマッチ)

輸血の際、ABO血液型不適合と臨床的意義のある不規則性抗体による不適合がないか確認する重要な検査です。
生食法と間接クームス法で判定します。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00