病気について

運動負荷心電図検査

この検査は坂道を登る・急ぎ足で歩くといった日常生活の行動中に現れる胸痛・動悸・息切れなどの症状を再現し、その時の心電図変化と血圧の変化をみて、運動中の心臓の状態を調べる検査です。
心臓が悪くなると安静にしているときは症状がなくても、運動して心臓に負担がかかると不整脈や心筋に血液が十分に行かない状態(虚血といいます)が起こり、心電図に変化がでます。
どのような負荷をかけるか、その度合いは年齢・性別・体重・病状などによって異なります。
運動方法にはマスター法・トレッドミル法があります。

トレッドミル運動負荷心電図検査

検査方法

心電図と血圧を測定しながらベルトコンベアーの上を歩きます。
ベルトは3分毎に速度と傾斜が増していきますので、その速度に合わせて始めはゆっくりと、段階が進むにつれて駆け足ぎみの速さへと進んでいきます。
胸痛や圧迫感など胸の症状がでたり、疲労感・息切れ・足の疲れなど運動を続けることができなくなるまで歩いていただきます。
また、年齢に応じた予測心拍数に達すると運動量十分とみなし終了をしたり、血圧や心電図変化がみられると終了することもあります。

検査時間

約30分です。

注意点

  • 予約時間の30分前に受付で手続きをして下さい。
  • 検査時、極端な空腹状態は避けて下さい。
  • 検査前に食事をされる方は、一時間前までに軽く召し上がって下さい。
    ただし、アルコール、タバコはさけて下さい。
  • 適当な衣服を着用するか、持参下さい。
    運動パンツ、半ズボン、ゆったりした軽いズボン、パジャマズボンなどのうちいずれかひとつ。

マスター2階段法

検査方法

一定時間に規定速度で下図のような階段昇降運動をしていただきます。
運動前に心電図の記録と血圧の測定をします。その後階段昇降運動をします。
音に合わせて階段を上がり向こう側に降りて向きを変え、反対側より上がって降りての繰り返しです。
階段は片足づつ、床には両足をついて回ってください。
運動終了後直ちに心電図の記録と血圧の測定を行い、運動前との心電図・血圧の変化を記録します。

運動強度

シングルマスター : 1分30秒
ダブルマスター : 3分間
トリプルマスター : 時間に規定はありません。

運動中、胸痛や胸に違和感が生じた場合、足や腰が痛いなど体調に変化があったらすぐに教えてください。

検査時間

約30分です。

注意点

  • 運動後直ちに心電図を記録するため薄着になって検査を実施します。
  • ベットの都合・検査の内容により検査の順番が変わることがあります。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00