病気について

最先端医療

OPCAB

心臓手術のなかで一番多い冠動脈バイパス手術(以下CABG)は動脈硬化を相手にする手術であるため、対象となる患者さんは高齢者も多く、また脳梗塞や大動脈の石灰化を伴う患者も少なくありません。従来心臓の手術は人工心肺装置を使って全身の循環を機械的に維持し、この間心臓を停止させて心臓の修復をするというやり方をとって来ましたが、この人工心肺装置による機械的な循環はいくつかの合併症の危険性があります。例えば術後の心機能低下とか、大動脈に送血のための管を入れたり、脳梗塞をおこしたり、定常流という脈のない血流により脳や他の臓器の不十分な灌流とそれによる障害などがあげられます。
数年前から心臓血管外科領域でも『低侵襲手術』が叫ばれるようになり、CABGでも左前下行枝1枝病変に対し左第4肋間の10cm以内の小切開で左内胸動脈を剥離し、人工心肺装置を用いないでバイパスを行う『ミッドキャブ』がかなりおこなわれましたが、左前下行枝病変にしか行えないのと、左第4肋間からの手術は創痛が強いため徐々に症例数が減少していきました。これにかわって胸骨正中切開で、傷の大きさは大きくなりますが人工心肺装置を使わず、心拍動下で、どの冠動脈病変でも吻合箇所をstabilizerという器機で押さえ付けて吻合していくoff-pumpCABG(OPCAB)が高齢者や、脳梗塞既往などのhighrisk症例、大動脈の動脈硬化が強い症例などに行われるようになり、最近ではhighrisk症例に対してだけでなく標準術式として通常の症例に行われるようになってきました。

僧帽弁形成術

弁膜症の治療の中で、人工弁置換術に比べて、生まれたままの自分の弁を直す弁形成術が、弁機能及び心機能ともに最も良好に保たれることは明らかです。可能な限り、自己弁を人工腱索なども用いて修復し、人工弁輪を補強に使用して耐久性を高めており、術後長い期間患者さんに心不全や活動制限のない快適な生活を送っていただける方法です。

PCI

まずカテーテルを、心臓カテーテル検査の時と同様に、手首の動脈や足の付け根の動脈から局所麻酔下で挿入し、冠状動脈の入口部に固定します。このカテーテルからワイヤーを冠状動脈内に挿入し目的とする病変部を通過させます。通過したワイヤーに沿わせてバルーンのついたカテーテルを病変部に進めバルーンを1分から数分間拡張させます。病変部を開大できたらバルーンを抜去します。ステントを植え込む場合は、この後バルーンの上に装着したステントを病変部へ進め、バルーンを拡張させてステントを血管壁に押しつけて植え込みます。バルーンのサイズはいろいろあり、場合によっては数種類のバルーンを使用することもあります。バルーンを拡張させている1分から数分間は、末梢への血液の流れは停止するので、その間、胸の痛みを覚えますが、バルーンを抜去すると、速やかに胸の痛みは消えます。

DES

かねてから循環器分野で話題となっていた薬剤溶出性ステント(Drug Eluting Stent)(以下DES)が平成16年8月より、いよいよ臨床の場で使用可能となりました。DESとは内膜増殖を防ぐ薬剤を表面に塗布してあるステントで、内膜増殖による再狭窄を予防する目的で研究・開発されてきました。従来のステントでは再狭窄率が20~40%程度ありました。再狭窄に対してその都度カテーテルによる再治療を行わなければならず、「再狭窄は心カテ治療のアキレス腱」と言われ続けてきました。DESではこの再狭窄率が1ケタ(5~9%程度)となっております。DESを使えば今後は再治療の必要性がかなり少なくなるであろうと期待されています。心カテ治療は1979年にグリュンツィッヒ博士により初めて施行されました。その後現在まですでに25年が経過しています。その間心カテ治療のさまざまな問題点が浮上し、学会や研究会で議論されてきました。

(1)バルーン後の急性冠閉塞、(2)ステント後の亜急性冠閉塞、(3)慢性完全閉塞病変、(4)高度石灰化病変、(5)冠動脈起始部病変、(6)冠動脈分岐部病変、(7)Slowflow,nore-now 等々。

しかしこれらの問題点は併用薬物治療の確立、新しい器具の登場、経験の蓄積等により、現在ではほぼ解消されています。心カテ治療の最後で、しかも最大の問題点である再狭窄が、DESの登場によりいよいよ克服されようとしています。これから出てくるステントのほとんどがDESとなる予定です。近い将来、このDESによって再狭窄がゼロになり「ステントを入れてしまえぱ狭心症の治療は終了」となる時代が来るかもしれません。我々は胸を踊らせて、その様な時代が来る事を期待しています。

ロータブレーター

高速回転式ドリルといっても、カテーテルを通して血管の中を通るくらいの非常に小さなミニ・ドリルです。これはロータブレーター(Rotablator.....登録商標)と呼ばれる新しい治療手段です。ラグビーボールのような形をした部分がドリルになっており、その先端部分にはダイアモンドが埋め込まれています。ラグビーボール状の部分が高速で回転することで、血管の狭くなっている部分を削って掃除し、血液が流れる通路を作ります。通常バルーン治療と併用し、血管の治療をより確実なものにします。

DCA

冠動脈の粥腫をカテーテルに取り付けられたドリルで削り取り、冠動脈の内腔を拡げる手法

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00