病気について

医療従事者向け情報

不整脈患者さんを是非御紹介下さい。
アブレーションによる根治が可能なものはもちろん、内服薬でのコントロールが難しい場合の相談などでもどうぞお問い合わせ下さい。
毎週火曜日午前に不整脈外来を開設しています。お急ぎでなければ事前の予約をお勧めしていますので、お問い合わせ下さい。

心房細動アブレーションについて

心房細動(AF)のアブレーションは、これまで薬物療法と外科手術しか治療できなかった心房細動に対する注目すべき治療法です。しかし、現時点での成功率は高いとはいえず、手技の複雑さもあるため、当院では合併症のリスクが低くかつ成功率の高い患者さんに行う方針としています。

当院では以下のような条件を設定しています。

  • 70歳以下(安全性を考慮。71歳以上は相対適応)。
  • AFによる強い自覚症状があること。
  • 薬剤抵抗性もしくは内服加療への抵抗(内服を減らしたいという希望)。
  • ワーファリンによる抗凝固療法を導入済み (CHADS2スコアに関係なく導入、PT-INR 2.0前後)。
    未導入の場合は当院で導入します。
  • 甲状腺疾患がない、もしくはホルモン値が適切に管理されていること。
  • 中等度以上の基礎心疾患を有しないこと。以下は対象外です。
    • 弁膜症、心不全(エコーでの左房径 50mmまで、小さいほどよい)
    • 心筋梗塞・狭心症(ステント留置後で抗血小板療法が中止できない場合は不可)
    • 開心術後のAF(ただし、心房粗動、心房頻拍は治療対象)
    • 長期の慢性AFで症状なく安定している場合(レートコントロールを推奨します)

以上は絶対的な条件ではなく、患者さんの状態によっては治療可能な場合もあります。また、アブレーションだけでなく、薬剤の調整で軽快する場合もありますので、治療方針にお困りの際には是非一度御紹介下さい。
今後、デバイスの進歩などにより治療の有効性が高まり、より多くの患者さんに治療ができるようになることが期待されます。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00