病気について

「不整脈」の治療

不整脈の治療には種々の薬剤、カテーテル治療(心筋焼灼術―アブレーション)、ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)などがあります。細かく病気が分かれているので、それぞれの病気に合わせた治療法を選択する必要があります。したがって、薬を飲み続ける必要がある人もいれば、カテーテル治療で根治できる人、ペースメーカーを植え込んで脈を調節する必要がある人、さらにそれらを組み合わせて治療することも珍しくありません。また、他の心臓病が原因となっている場合や心臓以外に原因がある場合は、その治療が必要になります。

薬剤(内服、点滴)は多くの場合に第1選択となります。内服薬は発作時に頓服で飲んだり、継続的に発作を抑えるために毎日飲み続けたりします。症状が強い場合は来院して点滴で即効性の薬剤を使用する場合もあります。薬剤には多くの種類がありますが、そのほとんどは不整脈の発作を抑える作用のみで、飲み続けても発作がなくなる訳ではありません。不整脈が起こる原因は心臓の神経や筋肉にあるので、これらの薬は不整脈の元や通り道を消す(治癒)効果ではなく、発作を止めたり起こりにくくしたりする(抑制)効果しかありません。したがって、服用を止めるとまた発作が起こります。薬を服用しなければ悪化していく場合もあります。不整脈によってはカテーテル治療(アブレーション)で根治することが可能なものもあります。薬を飲み続けて発作を抑えるよりも、初めから根治を目指すことも可能です。

頻脈性不整脈の治療

頻脈性不整脈の治療は薬剤の他にカテーテル治療(アブレーション)があります。これは高周波によって生じる熱を利用して不整脈の原因となる悪い細胞を直接焼き消したり、通り道をブロックしたりすることで治療します。治療に成功すれば根治しますので、内服が不要になることが期待できます。アブレーションでは治療できない不整脈もありますので、複数の不整脈を持つ方ではアブレーションと内服との組み合わせ(ハイブリッド治療)を行うこともあります。アブレーションや薬剤での治療だけでは不十分な危険な不整脈(致死性不整脈)の場合、植え込み型除細動器(ICD)が必要になる場合があります。

徐脈性不整脈の治療

脈が遅くなる徐脈性不整脈に対してはペースメーカーが適応となります心臓に直接原因がある訳ではなく、薬の効き過ぎやホルモンの異常から脈が遅くなった場合は原因の病気を治療します。植え込み型ではなく、体外式のペースメーカーを一時的に使用する場合もあります。

各種ご案内

受付時間

午前:月~土
8:00~11:00
午後:月~金
13:30~16:00
午前診察:
一部予約制(初診外来以外は完全予約制)
午後診察:
完全予約制

詳しくは下記をご覧ください。

  • 初診の方
  • 再診の方

診療時間

午前:月~土
9:00~12:00
午後:月~金
14:00~17:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝休日・
年末年始

面会時間

月~金
15:00~20:00
土・日・祝休日
13:00~20:00